忍者ブログ

BAD GUYZ!@.com Blog

趣味のこと。のんびり書いてます。

03.24.16:55
[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  • 03/24/16:55

09.13.22:31
はじまったぞぉ~芦別!

ついに!というか、いよいよ開催されました!

モデルグラフィックスのライター、Pooh熊谷さん企画の作品展が、芦別市の百年記念館で9/11(土)に幕をあけましたぁ...イェーィ!

    

題して.....。

「POOH熊谷と仲間達の模型作品展」

 

この「かんばん」メチャかっこいいしょ!

参加メンバーもPooh熊谷さんはじめ、岡プロ、濱薫さん、ノースフォックスさん、モナコマイスターさんにメルパパさん、ひこうせんさんに帯広のまこっちゃんさん、トーマスクラウンさんに........もう豪華よ!
オイラRinsukeもご縁あって参加させていただいてます。

ぜひご来場くださいね!
開催期間は9/26(日)まで!

「芦別でこんなの見つけた!」コーナー
こんなのみつけました!

「ホテル ワシントン」ならぬ...........

「ホテル アシントン」........爆

それでは、今回の作品展にあつまったカーモデルをご紹介!

HMEでもオイラが惚れているお方。
まこっちゃん!


まこっちゃんwith Pooh熊谷
手前の2台、カタナと赤ハーレーはまこっちゃんさん。
奥の黒ハーレーがPooh熊谷さん。
ともにタミヤ1/6のビッグスケールだ!

  

これがまこっちゃん作で噂のアートバス。
何ていたってこのグラフィックは、全てエアブラシによる手書き!



タミヤのDBS。

            





これがやりたかった.....。
オイラRinsukeとまこっちゃんさんとのコラボ。
右のキャメルがまこっちゃんさん。
左の星条旗がRinsuke。


コラボではもうひとつ。


K坂1号さんとまこっちゃんさんのル・マンコラボ。
手前のNISSANがK坂1号さん。
奥の2台がまこっちゃんさん。
カッコいいぢゃん!



K坂1号さんといえばこれだ!

FERRARI 641/2

この艶!
気持ちいいくらいテカッテますよ!



そしてROCO大魔王さん

プリマウスのフューリーのパトカー!
これ、メチャほしい!




ひこうせんはS藤1号さん

カプチーノ!
しかも.....フィギュア付きだ!




そしてオイラRinsuke

このほかMotoGPものを数台。

さあ、休日は芦別へ出かけよう!

ガソリンかけても行く価値はあるぜ!
PR

09.11.06:50
今日は芦別へ遠征!

今日から、芦別の100年記念館でPhoo熊谷さん企画の展示会が開催。
開催期間は今日9/11(土)~9/26(日)。

もちろんオイラも参加いたします。

Phooさんといえば、いまやモデルグラフィック誌の顔みたいなライターさんだよね。
展示会ではPhoo熊谷作品はもちろん、岡プロの生作品も展示されます。
そして参加する有志の面々が結構豪華。

これは参加するオイラも楽しみだよぉ。
ワクワクして今日なんて朝の5時に目が覚めてしまった...笑。

09.05.19:58
復活だ!

いやぁ、久々だ!

我が家のPCが動かなくり、しばらくネットもつなげれれないという....。
夏休みにPCを新調したのはいいが、光に変更したら工事は9月まで一杯だと.....。
やっと昨日工事が終わり復活ですわ。
無線LANにしたんだけど、いいねぇこれ。すごく便利。


さてさて先日ですが、「てづか」でお買い物しました。

最初はアオシマのカウンタックを買うつもりだったんですが、何故か1/6バイクのキットを見てまして....。
そしたらバッタリお会いしたK坂1号さんが(っていうか、来るだろうと思ってた...笑)、なんと1/6のカタナをお買い上げしてたのよ。
オイラ、前から買おうかなって思ってた1/12のポルシェ910。思い切って買っちゃったもんね
  

「ひこうせん」の例会でたまたまPhooさんが「俺、1/12の934作るからさ、Rinsukeさん910作ってHMEで並べようよ。」って。よっしゃ作るか!
と思ってたら、なんと...札幌のカーモデルのオフミが来年のHMEテーマを「ポルシェ」にしたとか。メンバーから「もちろんRinsukeさん参加ですよねぇ。1/12の910でお願いしたいなぁ..」ですって。
どうやらあるお方が934をはじめたらしい...。

仕方なく、以前から構想を練っていた956で参加しようかと。
「BOSS」「SKOAL」「ROLLEI」このへんでいこうか。

エンジン資料も.....
  
こんなの100枚ほど写真あるし...爆。

こんなの見てたら完成しないわな。

03.22.14:53
フジミ1/20 Ferrari F187/88C

先日、お世話になっている模型クラブ「ひこうせん」の例会にいつも通り参加した。
今回は帯広からITOさんが初参加されまして、何とまぁK坂1号さんとフェラ-リF-1祭り状態になってました.....。


以前僕がBlogでつぶやいた「タミヤとフジミ合体で90年前半戦の641出来ないだろか?」。このITOさんというお方、やってましたわ(笑)。

しかもだよ、このインダクションを移植するのに、わざわざシリコン型作ってフジミの641/2から型どりしたって....笑。
オマケにロ-ルバ-関係も複製してましたわ。
まぁ、キットを潰すことを考えると経済的かも知れないけど、そのシリコン型の重いこと....笑。K坂1号さんも思わず爆笑してましたなぁ。


さてさて、僕が例会に持ちこみ忘れたフェラ-リ。
1988年のF187/88C。
まだこんな所から進んでません......。


気になっていたノ-ズにかけてのライン。
キットはやっぱり「もったり下がり」みたいなラインでねぇ。
シャキッ!としたストレ-トなラインにしようと、まずはプラ板を瞬着で接着して基準となる高さを決めてみた。あとはポリパテを盛ってラインを出していく。


アンダ-トレイからボディ色となる部分を切り離してボディへ移植。ついでにノ-ズ部分のウイングフラップを差込み接着する穴も塞いでしまいます。


実車のノ-ズコ-ンは一体成形になってます。下面もボディ色になりますから、アンダ-トレイの先端部をノ-ズのスジ彫りのラインに合わせて切り離しました。


こんな感じかなぁ。
これに伴って、フロントウイングはノ-ズへの差込み固定へ変更します。


ノ-ズ先端と切り離したので、このままでは切り離した部分の固定がゆるくなるので、ちょっとしたベロをつけてノ-ズコ-ン側に差し込めるように簡単工作。


さて、問題のエンジンだ。
アンダ-トレイから思いっきり飛び出すほど長いミッション。こりゃないべ....。
画像撮り忘れたんで、ネットで見つけた画像貼り付け。

ね、こりゃないべ!って思うっしょ?

意を決してエンジン切断!
切断位置をじっくりと吟味して、約4mmほど短くなるように切断。
ついでにリアウイングステ-の取りつけ位置も変更して調整しますから、ステ-を接着固定する部分も切り離し!


仮組んでアンダ-トレイにのせてみる。
ん~っ....良くはなったが、まだ気持ち長いねぇ。
もうちょっと切り詰めてみるとするか.......。


まだまだやること一杯あるなぁ。
アンダ-トレイ、ミッション部分の形状だとか、モノコックのコクピット開口部の寸法修正だとか、バルクヘッドの追加だとか....。このキット、イタリアGP仕様ですが、僕はあのモナコGP仕様で製作を進めています。
しばらくは、ボディとアンダ-トレイの修正に時間をとられそう。
70年代F-1を進めていたほうが良かったな....こりゃ。

03.22.01:25
トレ-ディングカ-ド!!

今回はトレカのご紹介。

僕は模型の他、スポ-ツが好き。
特にアメリカ4大スポ-ツのMLB、NBA、NHL、NFL。
NHLなんか、今年のバンク-バ-オリンピックでの中継は予選から全て録画して見てましたよ。

予選の「カナダvsアメリカ」は興奮したねぇ。
もう決勝か?っていうくらいスタジアムも沸いてたしね。
もちろん決勝の「カナダvsアメリカ」も凄かった。
だってね、カナダはあのクロスビ-を筆頭にNHLのス-パ-スタ-でチ-ムを結成してるし、アメリカも全員NHLのス-パ-スタ-軍団。興奮しないわけないって。

で、僕がトレカを集めだしたきっかけというのがMLB。
もともとNEWYORK YANKEESが好きだったんですが、1995年にあるル-キ-が登場したんです。
それが今ではヤンキ-スのキャプテンとなったDEREK JETER。
彼の登場と同時にたまたま買ったカ-ドがきっかけとなって今にいたっているという.....。

このトレカの世界。
模型と同じで、F-1が好きだからF-1のキットを買う!みたいに、あるチ-ムが好きだからそのチ-ムの選手だけ集めるとか、いろいろなコレクションの方法があるんです。
僕の場合はMLBはこのDEREK JETERという選手にしぼってコレクション、NHLはゴ-ルキ-パ-が好きなのでゴ-ルキ-パ-中心にといったようなコレクションをしています。

そして、このトレカの世界も結構奥が深い。
通常のレギュラ-カ-ドに加えて、シリアルナンバ-の入ったもの、オ-トグラフ(直筆サイン)カ-ド、メモラビリアカ-ドと呼ばれる本物のユニフォ-ムやバットが付いたカ-ドなどがあるんです。


僕のコレクションの中では結構デザイン的に気に入っているカ-ドで、DEREK JETERのJERSEYがついているのですが、ピンストライプがほぼ中央に入っているでしょ。ポイントは高い!

そしてシリアルナンバ-の入ったカ-ド。
発行元はもちろんアメリカのメ-カ-。そのためシリアルナンバ-も世界限定となるわけだ。
シリアルナンバ-も10000枚限定だったり、100枚限定だったり、果てはマスタ-ピ-スと呼ばれる世界でたった1枚っていうものもある。もちろん、枚数が少ないものに価値が出てくる。
そしてそのなかに、ファ-ストナンバ-、ラストナンバ-、ジャ-ジ-ナンバ-と呼ばれる付加価値のつくものがある。
ファ-ストナンバ-というのは例えば100枚限定のうちの1枚目、すなわち001/100、ラストはその逆100枚限定であればその100枚目100/100、ジャ-ジ-は選手の背番号と同じ数字のカ-ドで、例えば長嶋茂雄だとすると003/100といった背番号と同数のシリアルというのがコレクタ-には付加価値の高いものとなっています。

僕のDEREK JETERコレクションで見るとどうだろう。



1998年のカ-ド。これは世界限定100枚。
シリアルナンバ-を見ると002/100となっているが、このDEREK JETERの背番号は「2」。これがジャ-ジ-ナンバ-と呼ばれるカ-ド。




これは世界限定10枚。
シリアルナンバ-は01/10、これがファ-ストナンバ-と呼ばれるカ-ドです。

そして!







これが通称「マスタ-ピ-ス」と呼ばれるカ-ド。
裏面のシリアルナンバ-を見ると1/1ってあるでしょ。
これが世界限定1枚。世界にたった1枚しかないもの。
コレクタ-間での取引価格でどれだけつくかわかりませんが、僕はこれらを売る気は全くなし。

今ではこのDEREK JETERのカ-ドに関しては、1992年のマイナ-リ-グ時代までさかのぼってコレクションしています。その数は現在約1000種類....って数えたことないし。
でも、その選手の成長....っていうか「オッサン化」していく様子を見ていくのが結構楽しいんですよねぇ。
   NEXT >>>